Oracle Cloud InfrastructureのVMインスタンスにマインクラフトサーバを立ててみた話(失敗?)

Oracle Cloud Infrastructure

こんにちは。今日はOracle Cloud Infrastructure(以下OCI)のコンソール画面にMinecraftのサーバーを立ててみよう、というガイドがあったのでやっていこうと思います。

*私はMinecraftに関しては過去に少しプレイしたことがある程度です。

VMインスタンス作成・SSH接続

いつも通りの手順でOCIコンソールのコンピュートからVMインスタンスを作成します。ssh接続を行うのでパブリックIPアドレスを割り当てます。

インスタンスが作成できたので、ターミナルからssh接続していきます。

ssh [email protected]_Address

マインクラフトサーバソフトのダウンロード

まずは、Javaが必要だそうなのでJavaをインストールしていきます。

yum repolist all

sudo yum-config-manager --enable rhel-7-server-optional-rpms

sudo yum install java-11-openjdk-devel

次にMinecraft Serverをこちらからダウンロードします。コマンドでwgetでも可です。

wget https://launcher.mojang.com/v1/objects/bb2b6b1aefcd70dfd1892149ac3a215f6c636b07/server.jar

このままjavaコマンドで起動してもエラーが出てしまうので、先にeura.txtというテキストファイルを編集して以下を追加します。

eura.txtがない場合は一度
java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server.jar nogui
を実行

eura=false
↓に変更
eura=true

ポート解放

次にポートを追加しておきます。OCIコンソールから作成したVMインスタンス画面へ行き、パブリックサブネットからセキュリティリストのイングレスに追加を行います。

TCP・UDPポート25565を使用する様なので、以下の様に設定します。

最後にVM側のファイアウォールの設定を行います。

sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=25565/tcp

sudo firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=25565/udp

sudo firewall-cmd --reload


sudo firewall-cmd --list-all
ports: 25565/tcp 25565/udp

サーバを立ち上げる

それではサーバを立ち上げてみましょう。

java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server.jar nogui

[08:04:56] [Server thread/INFO]: Starting minecraft server version 1.15.2
[08:04:56] [Server thread/INFO]: Loading properties
[08:04:56] [Server thread/INFO]: Default game type: SURVIVAL
[08:04:56] [Server thread/INFO]: Generating keypair
[08:04:57] [Server thread/INFO]: Starting Minecraft server on *:25565
[08:04:57] [Server thread/INFO]: Using epoll channel type
[08:04:58] [Server thread/INFO]: Preparing level "world"
[08:04:58] [Server thread/INFO]: Reloading ResourceManager: Default
[08:05:19] [Server thread/INFO]: Loaded 6 recipes
[08:05:19] [Server thread/INFO]: Loaded 825 advancements
[08:05:19] [Server thread/INFO]: Preparing start region for dimension minecraft:overworld
[08:05:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 0%
[08:05:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 0%
[08:05:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 0%
[08:05:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 0%
[08:05:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 2%
[08:05:24] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:24] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:24] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:24] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:24] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:24] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:25] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:25] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:26] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:26] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:27] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:27] [Server-Worker-3/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:28] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:28] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 83%
[08:05:29] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 84%
[08:05:29] [Server-Worker-3/INFO]: Preparing spawn area: 88%
[08:05:30] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 91%
[08:05:30] [Server-Worker-2/INFO]: Preparing spawn area: 93%
[08:05:31] [Server-Worker-1/INFO]: Preparing spawn area: 97%
[08:05:31] [Server thread/INFO]: Time elapsed: 11771 ms
[08:05:31] [Server thread/INFO]: Done (33.504s)! For help, type "help"

Doneとなったら起動完了です。非常に簡単でした。

マインクラフトからサーバに接続する

私はiOS版マインクラフトしか持っていないので、スマホから接続できるか確認します。

久々にアプリ立ち上げたので、トップ画面も変わっていますね。早速Add Serverから立ち上げたサーバを追加してみましょう

Server nameには適当な名前を入れ、Server AddressにはパブリックIPアドレスを入れます。Portは25565とします。

設定が終わったので接続してみます。

…あれ?

世界に接続できませんでした…

何度やっても接続できませんでした。スマホ版には対応していないのかな?いや、どこかで間違ったのか?

一応改めてVM作成からやり直しましたが、同様の結果でした。

OCIコンソールに表示されているこちらを参考にしたのですが、こちらのブログもサーバ立ち上げまでしか載せていないので、そのさきは謎です。

おわりに

今日はOracle Cloud InfrastructureのVMインスタンス上にマインクラフトサーバを立ててみました。私の持っているiOS版マインクラフトには接続ができませんでした。

なんとも後味の悪い終わり方ですが、またの機会に改めてチャレンジしてみたいと思います。OCIを使ったサーバの立て方、手順が他のサイトにも紹介されていたので、次回はそちらを参考にしてみたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました